読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秘伝タレ漬け切り落とし宮崎牛焼肉が超激安!300個限定急ぐべし

100g2000円は下らないという宮崎牛。そんな宮崎牛の切り落とし焼肉がなんと超激安で提供されています!急いで。

今回限り?300個限定秘伝タレ漬け切り落とし超激安宮崎牛焼肉!

過去に口蹄疫問題はあったけど、もともと超高級というか、

味ではどこにもまけない宮崎牛

 

宮崎は、生まれた子牛の5割ほどが他県に売られていき、

その土地のブランド牛へと育てられる、ブランド牛の産地にとっては

なくてはならない存在なのですね。

 

100gで2000円は下らないというからすごいと思います。

私なんか、100g600円のスーパーのちょっと高いお肉で

ひーひー言っています。

 

普通ではこんな高いお肉にありつくことはできないのだけど・・・、

 

何と今回、300セット限定で300gを1980円(税抜)で

焼肉用の宮崎牛が提供されます!つまり、普通の宮崎牛の3分の1

以下の価格! 超激安とおもいませんか?

 

おすそわけ村」という通販サイトでの提供。

 

宮崎県産のちょっとランクの低い肉なのでは?

と疑う方、買わなくて結構です。多分他に買うひとがたくさんいると

思います。そんなこんなしているうちに売り切れるでしょう。

 

宮崎県産の牛を「宮崎和牛」と呼びますが、

その中でもA4、A5ランクの牛だけを「宮崎牛」と名乗れるのです。

 

ですから、この秘伝タレ漬け宮崎牛焼き肉用も、「宮崎牛

となっている以上、いい加減な商品ではありません。

 

これ以上たくさんの情報はいらないでしょう。

急いだ方がいいと思います。↓↓↓

松坂牛も、元々は宮崎牛?美味しいのに有名じゃない、その理由は?

松坂牛ももとをただせば宮崎牛という話が?

 

なんとも、どういう話かというと、名のある黒毛和牛の子牛を

仕入れている仕入れ先が宮崎ということが多いそうです。

だからもとをただせば宮崎牛ということになる模様。

 

だとしたら・・・、黒毛和牛の影の全国1位はダントツで宮崎牛

ということになるじゃないですか!

 

そのわりに宮崎牛がメジャーでないというか、あまりテレビとかにも

出てこない。その理由は?

 

・・・口蹄疫問題ってご存知ですか?覚えている方もいると思います。

2010年に宮崎で広がった牛の伝染病口蹄疫。この被害の拡大を

防ぐために29万頭もの家畜が殺処分されたといいます。

 

55頭いた種牛(雄)も10分の1以下の5頭になってしまいました。

 

もともと優れたブランド牛だった宮崎牛を残すために非常に厳しい

基準で、そして狭いエリアで口蹄疫を封じ込めて感染が拡大しない

ようにと発生個所から10km県内の家畜は健康であっても、

全て殺処分されたのです。

 

相当なダメージだったろうと思います。

それが理由なのでしょう。

まだまだ生産体制が追い付いていないのでしょう。

 

応援したいものです。

どれが一番うまい?九州のご当地牛肉、佐賀?壱岐?宮崎?

牛肉のメッカ?と言っていいかもしれません。九州。

私は佐賀牛を食べたことが何回かありますが、

そこらへんの牛肉とは比べ物にならないほどの美味しさでした。

 

ネットでの書き込みを見ると出てくるのは、やっぱり佐賀牛

それから、宮崎牛壱岐牛

 

で、少し少数派?なところで熊本の赤牛というものもあがります。

熊本と言えば桜肉(馬刺し)で有名ですが、どんな牛なのか?

なんて思いますね。

 

なんでも、赤身だけども柔らかくておいしいらしいです。

 

それから、豊後牛、小倉牛なんてのもあるのだとか。

私は知らなかったです。機会があれば食べてみたいですね。

 

ちなみに、壱岐牛のはなし。

壱岐牛は和牛の原種に近い牛なのだとか。だから食べる価値は

非常に高いなんていう書き込みもありました。

 

それから、宮崎牛の話。

あまりメジャーでないイメージがあるのですが、品評会の全国大会で

たくさんの部門でチャンピオンをとっているといいます。

 

また、佐賀牛を一押しする佐賀県人の中にも、

宮崎牛は捨てがたい魅力」と語る人も。

宮崎牛、どんなお肉なのでしょうね・・・。

対応があんましよくない飲み屋で嫁と盛り上がったどうでもいい話

昨日は嫁と子供と3人で久々に外食。

といっても駅の踏切を渡った向こう側にある飲み屋さん。

 

嫁がいちどあの飲み屋に行ってみたい・・・、といっていたので、

昨日会社帰りに駅で待ち合わせていくことにしたのです。

 

何か特別なものでもあるのか?と思うかもしれませんが

特別何かあるというわけではありません。

 

近所のご飯屋さんや飲み屋さんで、家でご飯を作るのが面倒に

なったときに、たまにでいいから気軽に外食できるところを

探しているのです。嫁も仕事をしていますから。

 

昨日行ったお店は焼き鳥屋。特別美味しいというわけではなく、

むしろちょっと店員の対応はまずかったかな、というお店。

お客の数もまばらで流行っていない様子でした。

 

子供がいるのでお客の数が少ないのはむしろありがたいのですが、

注文を間違ったり、子供用にもう一つスプーンを持ってきてくれと

いうのに持ってこなかったりは、ちょっと嫁もイラっとしていました。

 

そこで何気に私が馬刺しユッケをたのむと、話題が一変。

 

「桜肉っていえば熊本でしょ。おいしいところは本当に美味しいのよ!

同じ熊本市内のお店でも当たり外れがあって、当たりの方は本当に

美味しくて、外れの方はまずくて、それが雲泥の差なの。」

 

「へぇ・・・。」

 

「私、出張で行ったことがあって、そこで食べた桜肉が本当に

おいしくて忘れられないの。でも・・・。」

 

「でも?」

 

「そのお店がどこだったか、忘れちゃったの・・・。」

 

「だめじゃん・・・。」

 

「そうそう、熊本ってラーメンも美味しいんでしょ?」

 

「そうなのよ。黒亭っていうラーメン屋があって、

そこが美味しかった。あの渡部も行ったお店なんだって。」

 

「渡部って、行列に出ている、あの渡部?」

 

「そうそう。」

 

「熊本まで行ったんだね。どうやって行ったんだろ?」と振ると、

 

「のぞみでしょ。」 「ハハハハハ・・・」

 

最後は、サービスや対応がちょっとぐらい悪くても

どうでもいい感じになっていました。